ポペッチャブネット日記

ポペッチャブネット日記

北海道の毛ガニの選び方チェックポイントをお話

読了までの目安時間:約 5分

 

北海道の毛ガニの選び方、チェックポイントをお話しします。
北海道の毛ガニがもっとも出回るのは冬です。寒い時期に最も身の詰まった、大きな活がにならベストのシーズンです。
見て選ぶとき大切なのは見た目の色や大きさ、持ってみてズシッとくるかです。
ネット販売では難しいですが、できるだけ新鮮沿うな、重たいものを選びましょう。
身が詰まっているかには、やはり手応えがちがいます。
購入する前に販売店の評価を調べ、高い評価のおみせへ行けば新鮮で身が詰まった個体に出会いやすいと言えます。
ご馳走の代表格である蟹。しかし、蟹を美味しく頂くには、正しい手順を押さえ、ちゃんとした調理をすることが大切です。
蟹の代表的な食べ方といえば茹で蟹ですから、その際の鉄則を押さえておくのがまず大切なことです。
多くの人が気になるそのコツというのは、小さい鍋ではダメで、出来る限り大きめの鍋を用いることです。たっぷりのお湯に蟹がまるまる浸かるようにするのです。
そのやり方ならご家庭でも失敗はないでしょう。
ネット販売の生鮮食品はどれも沿うですが、どこまで加工したものを買うかということで、ボイルしてあるものか、それとも活かににするか中々決められなかった方もいらっしゃると耳にします。
いくつかのかに通販を見る限り、かにの購入で検討するならば活かにを選びましょう。ほとんどのお取り寄せでは、活かになら新鮮でおいしい、と考えるのが妥当です。かにを買ってきたのみで、テーブルの上がぱっと明るくなるという記憶を誰でも味わったことでしょう。
もしもそのかにが丸ごと一匹だったら、みんなが笑顔になったはずです。そんなかにを、近所のスーパーで手に入れようとしても一匹丸ごとのかには沿う沿う売っていません。思い切って、ネット販売を利用してかにを買えば新鮮さは市場と変わらず、おみせをとおさない分安く買えることが多いので、きっと家族みんなの笑顔を見られるでしょう。蟹ネット販売で狙い目なのが、ワケアリの蟹。その購入をそれを推しているのにはちゃんとした理由がありますね。
蟹ネット販売と対比されるものといえば実店舗での購入ですが、これは傷物などは店頭に出ていませんが、そのぶん値段も普通通りで、中々普通よりもお得に蟹を買うのは難しいです。一方、蟹ネット販売の場合、商品の見栄えを気にしなければ、キズモノの蟹をわけありの品として普通より安く売っていることがあるので、見た目を気にする人でさえなければ、ミスなくお得な買い物といえるでしょう。
近頃の蟹ネット販売では色々な種類の蟹を取り寄せられますが、国産と外国産、どっちの蟹を買うほウガイいのか、気にする人もいるでしょうね。
しかし、それほど迷うことはありません。
どっちを買っても、同種の蟹であれば特にちがいはないといえるでしょう。ただし、気をつけなければならないことがあり、それはその蟹通販業者が信用できるところなのかどうかです。
蟹のグレードを左右するのは業者の質です。
信用できるところの蟹なら、輸入品だから味が落ちるなどといったことはありません。
蟹お取り寄せは品揃えが豊富な分、活蟹やボイル済のポーションなど、どの種類を選べばいいか迷う方もいるかもしれませんが、調理法によっても変わってきます。
私は家族で蟹鍋をよくするのですが、鍋に使うなら、殻が既に剥いてあって扱いが簡単な、ポーションの蟹がいいと思います。
また、最近人気になってきた蟹しゃぶの場合は、活蟹が一番いいでしょうし、鮮度が気になるなら生冷凍がいいでしょう。以上のように、味わいたい方法に合わせた商品を買うことで、自分のニーズに合った蟹を、通販でお得に買うことができるのです。ズワイガニのメスは、「セコガニ」と呼ばれます。
地方により様々で、それの他にもセイコガニや香箱ガニという名前で呼ばれることもあるようです。美味しい蟹味噌は雄でも味わえますが、通常脚の身が好まれることが多く、ゆでガニにしたり、焼ガニにしたり、鍋に入れて食します。それとは対照的に、セコガニは小さいため、脚の身は少ししか食べられませんが、バランスのとれた味噌と内子と外子が魅力的で、多くは、これらの部位を茹でた珍味としての食べ方がポピュラーです。

 

この記事に関連する記事一覧

外貨を購入