ポペッチャブネット日記

ポペッチャブネット日記

毛が生えてくるまたは毛を増やす毛を太くする食べ物

読了までの目安時間:約 7分

 

毛が生えてくる、または毛を増やす、毛を太くする食べ物としては、コンブ、ワカメといった海藻類。
大豆をはじめとした豆類、緑黄色野菜を中心とした野菜類、あの色艶からか、青魚も育毛に良いとされてきました。血のめぐりを良くするためには、唐辛子も増毛対策にどれも大切な食べ物といわれていますね。
あくまでも食材なので、集中的に摂るものではなく、育毛に良いとされる食べ物をまん中に、様々なメニューの献立で食べるよう注意を払っていきましょう。偏った食生活は、抜け毛を増えるという残念な結果も考えられます。
もっとも気軽に始められる育毛方法(選択を誤ると、取り返しのつかないことになることもあるかもしれません)として現在のヘアケアの見直しをお薦めしていますね。いまこれを読んだらすぐにできるほど簡単なことですし、増毛対策をするうえで損はないのですから、ぜひとも行っていただきたいものです。ヘアケアといっても、洗髪と乾燥、ブラッシングといった、ごくベーシックな部分をどうやっているのか分析してみましょう。
筆者の知人(当時30代)は、お湯で髪を濡らさずシャンプーの水分のみで洗っていました。すすぎには大量のお湯を使うのですが洗い流すのが大変だった沿うです。これは極端な例ですが、適当に済ませていたことを見直せば、抜け毛や地肌のトラブルを減らすことができるかも知れません。
また、傷んだ地肌や毛髪の回復に必要な栄養素をサプリなどで補給すると費用対効果が高く、手軽という点でもお薦めです。
男女問わず薄毛に悩む人は多く、養毛剤も色々な種類が売られていますね。
ところで、国産の育毛剤の成分を見たら多くの場合、グリチルリチン酸ジカリウム(体重1グラムに対して、2グラム存在するとされており、一日の所要量は2000ミリグラムだといわれています)という、日常生活ではあまり聞くことのない成分が使われていますね。
甘草エキスといえば思い当たる人も多いかも知れませんが、グリチルリチン酸がその正体であり、この物質にカリウム(体重1グラムに対して、2グラム存在するとされており、一日の所要量は2000ミリグラムだといわれています)塩が加わって、抗炎症剤、抗アレルギー剤として、医療の世界でよく使用される化合物となるのです。この物質の、育毛トニックとして発揮する効果としては、頭皮の異常であり、抜け毛の大きな原因ともなる炎症状態を抑え、フケ、かゆみを大聞く改善してくれます。
グリチルリチン酸ジカリウム(体重1グラムに対して、2グラム存在するとされており、一日の所要量は2000ミリグラムだといわれています)が入った頭皮ケア剤の利用は、抗炎症作用を頭皮に発揮して、健康な状態の維持を期待するものです。極度の肩凝りは、薄毛と関連しているというケースが多い沿うです。
つまり、育毛のためには、ひどい肩凝りを改善するのが良いとされていますね。
ちなみに、肩凝りと薄毛の因果関係は、肩凝りが血行が悪いことに起因するからです。血流が悪いことで、頭皮にも栄養が行きわたらず、どんどん溜まっていってしまう老廃物が、薄毛に繋がるとも言われていますね。
女性の間で長く流行をつづける豆乳には、髪を育てる効果があるという説もあり、積極的に試してみましょう。
豆乳を飲向ことで大豆イソフラボンが摂取でき、いわゆる男性ホルモンの、過剰分泌を抑えることができます。近頃は、大豆の味を抑えた豆乳も親しまれるようになってきて、簡単につづけられるはずです。ただし、大量に摂取することは気をつけましょう。
通常の大人の場合で1日に数十本から100本の抜け毛があるといわれていますね。それでも髪が薄くならないのは、抜け毛の量に相応した充分な発毛があるからです。
ですから、薄毛の対策としては「発毛を増やす」、「抜け毛を減らす」の両方が大事なのです。
では具体的に何からはじめたら良いかというと、頭皮ケアのために自分でできることの手始めとして、血流の改善を心がけましょう。
動脈硬化や運動不足などによって血液の流れが妨げられると、きちんと食事をとっているつもりでも、髪の発毛と生育に必要な栄養や微量元素が頭皮に届かず、血管をとおして排出される老廃物が頭皮や毛乳頭周辺に留まるため、成長した髪が早いうちに抜けたり、発毛する力自体が弱まりします。どちらも、脱毛サイクルが発毛サイクルを上回ることで薄毛の要因になるでしょう。いきなり運動するのは無理でも、頭皮をマッサージして血行を改善することなら意識的につづけやすいのではないでしょうか。
ほかに食生活を改善することも大事です。
血管の流れを良くするにはコレステロールや中性脂肪値を下げる食べ物が良いのですが、外食が多く、料理も人まかせなので無理という人も少なくないでしょう。
納豆、ヨーグルトなら、時節を問わず、毎日でも摂取できるのでお薦めです。また、積極的に運動不足を解消するよう心がけましょう。
できるだけ抜けてしまう毛を減らして、げんきに生えてくる髪の毛を増やすためには、常に頭皮が乾燥しないようにすることが大切です。
目安として、頭皮が乾燥してフケが出ているなどがあれば、普段のケア方法(選択を誤ると、取り返しのつかないことになることもあるかもしれません)や生活習慣などを、見直すことを強くお勧めします。
頻繁にシャンプーしたり、朝に頭を洗うと、気をつけているつもりでも頭皮の乾燥を招く大きな原因となるでしょう。それだけでなく、ストレス(過剰に受け続けると、心身の健康を損なってしまう恐れがあります)や寝不足も頭皮の乾燥に繋がるといわれていますね。
シャンプーで発毛するっていう話はよく聞きますが、育毛や地肌ケアできるコンディショナーもあわせて選びましょう。
ただ、シャンプーの仕上がりは気に入っているけれどセットで使うとペタつく、保湿効果はあるけどボリュームが抑え気味になるなど、色々な理由で育毛シャンプーと同じ銘柄を使うのは気が進まないという人もいますね。
もともと増毛対策シャンプーは単品で効果が得られるものですので、同じ銘柄を使う必要はないでしょう。
継続的に使用するものですから、配合成分や仕上がりなどが自分にマッチしたものを選びましょう。
よく、有効成分が流れてしまうような気がして洗い流しが不充分な人がいますねが、ふたたびシャンプーを使って洗い流さないかぎり、コンディショナーの効果は残ります。
ですから余分な成分が残ってしまわないように、充分なお湯を使い、きちんとすすぐことを心がけることも大切です。

 

この記事に関連する記事一覧

外貨を購入